ブログ

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

今月の<認知行動療法>では、
行動に焦点をあて 「 問題解決法 」 について取り組んでいきます。
初回の本日は、問題解決についての基本と大切なポイント6つを検討しました。

「やらなくちゃ」と思ってもなかなか動けない時ってありますよね。

動けばいいのに、動けずに終わって、ふと気が付くと
時間、日々だけがどんどん進んでいて
更に焦ってしまう
なんでやらなかったのだろう、と自分を責めてしまう …

そんな状態になっている時の思考パターンと感覚、
そこから抜け出して、目標に向かって進んでいける為の土台となる原動力

この違いに触れた時、
「ああああ~~~~~~ 確かにソレなかったわーーー!」と
今までを振り返って、その違いをありありと皆さん実感されているご様子でした。

そしてその大切なポイントを
どうして今ままでスルーしてきてしまったか、のカラクリにも触れていきました。

今日は大切なポイントを「大切なポイントだ」を
すんなり自分の意識に入っているかどうかのチェックもやっていきましたね。
たくさんの 「 (気付いていないことに 今 気付けたね。)おめでとう!」がありました。

来週は、行動ができるようになる認知を整えていきます。
パワーワード、NGワード、
みなさんはどちらをいっぱい使っているでしょうね?

初心者におすすめなヨガ

こんにちは。

南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

本日のヨガは初心者におすすめなヨガのポーズをとりいれました。

身体が硬いからヨガできないと言われる方がけっこういらっしゃるのですが、

身体が硬い方もヨガをすることは可能です。

体が硬い分だけ伸びしろがありますし、柔らかくなった時の喜びを感じられます。

硬い人は少しずつ柔らかくなっていくのでケガもしにくいですし、自分をじっくり観察する時間も長くなるので、心と身体と呼吸により向き合うこともできます。

本日は、タダアーサナ 、ジャニシールシャナアーサナ、ブルックシャアーサナなど基本的なポーズを行いました。

ポーズ中は、心地よく呼吸ができるちょうどいい場所を探してみてください。

劣等感を味方につける

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。
本日の<自己洞察ワーク>では、劣等感について取り組んでいきました。

劣等感は良くないもの、克服すべきもの、排除すべきもの … と
敵視してしまうと、苦しくなってしまいますね。

苦みを甘味に変えていく
劣等感を味方につけて成長の材料にしていく
さまざまなレシピの中から
今の自分に無理なくできそうなものを選んで取り入れていきました。

できることから
ゆっくり ゆっくり やっていきましょう。

午後の<ソーシャルスキルアップマラソン>では
「 頼まれた仕事は自分の能力ではできなさそうだ、断りたい。」をテーマに
エクササイズしていきました。

社会の苦手感 は、
理屈じゃなくて 場の数 がネックになっているケースも多々あります。
慣れの場をこれからも活用していき
不安の種をコツコツ小さく減らしていきましょう。

3月のアクションプランをたてました!

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、3月のスタートです!
少し暖かさも増したり、日差しが和らいできて、少し動いてみよう!という気になって来たという方が多かったですね。
その気持ちをえいっとつかまえて、ちょっとしたことでいいので、行動につなげてみましょう。

ということで、今日は、今月のアクションプランを考えました。

「復職準備チェックリスト」を使って、働く力として回復しておきたいポイントをふりかえってみます。
定期的に振り返ることで、自分の変化を感じられます。
少しの変化でも見逃さずに、「できた!」の循環に繋げていきましょう。

行動目標と計画を立てる時は、できるだけ小さいステップを具体的に設定します。
なんなら、「今できていること」を最初のステップにしても良いのです。
はずみをつけて、トントン、とできることを増やしていきましょう!

パートナーシップを考える★ディベート

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

「パートナーシップを考える」では、LGBTQも踏まえつつ、職場やプライベートでの性差を考えたコミュニケーションについて考えてみました。
男性上司と女性社員の会話の事例や家庭内での夫婦の会話の事例などを元に、男女のすれ違いを確認し合いました。
例えば、女性的な共感してほしい心と男性的な問題解決をしようとする考えです。
心の傷ついた体験について、女性寄りの心であれば共感して話を聞いてほしいと考えるでしょう。
しかし、より男性的な心であれば傷ついた原因を突き止めて排除しようとすることに一生懸命になるかもしれません。
こうしたコミュニケーションのズレに気づき、相互理解につなげていけたらいいですよね。

今回は、性差の違いを理解していると無駄な喧嘩をしなくて済むのではないかと思ったとの感想がありました。

午後のグループワークでは、ディベートを行いました。
今回の議題は「旅行をするなら山派か海派か」です。
実際の自分の好みとは関係なく、役割としてどちらかの派閥に徹してもらいました。
いかに第三者(審判)納得させる理論を展開できるかがカギです。

議題についての討論とはいえ、自己主張をしていくので、かなりのエネルギーを要しますので、週末の心地良い疲れとなったのではないかと思います。

※金曜のグループワーク人数によっては内容を変更する場合がございます。

認知再構成法で休職の不安を見つめる

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。
本日の<認知行動療法>では、認知再構成法のケーススタディとして
「 長引く休職の不安を見つめる」をテーマに皆で検討していきました。

ご参加されたばかりの方々もいらっしゃるので
「認知行動療法の基本」にも触れながら進めていきましたが

・あたまの中でグルグルになってしまっていること そのもの に無自覚だったと気がついた
・考えなんてひろがりっこない、この気持ちが軽くなることなんてない、と思っていたのに、
  自分の変化が意外だった
・自分の気持ちや考えている事すら分からないと思っていたけど、
 みんなの話を聞いていたら、「あ、それ自分にもある」とようやく気付けた

などなど、などなどなど …
今日もたくさんの気付きがあったご様子でしたね。
書き出していく、ということの大切さを改めて感じる事ができた時間にもなったようでなによりです。

来週からは「行動」の部分に焦点を当てていきます。
なかなか動けない … そこにあるブロックを皆でとかしていきましょう。

卒業発表と振り返り

こんにちは。
南浦和駅前町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、2月の振り返りと卒業発表の日でした。
卒業発表では、復職間近の方が、これまでの経緯や取り組みを振り返って、経験をシェアしてくださいました。

参加者の方に復職された方がいらっしゃったこともあり、今日は、これからどうしていったらいいんだろう?という問いに、
様々なかたちのヒントがみつかった日だったのではないかと思います。

病気、症状、ストレス、不安、、、、私たちは様々な「やっかいごと」とともに生きていくことになります。
どういうかたちで折り合いをつけていくのか、納得のいくまで向き合った方々は、それぞれに、答えをみつけていらっしゃったようですね。

卒業発表は、いつもにまして、本当に感動的な内容だったと思います。
ここにもまた、新しい門出にむけて、自分なりの道筋をみつけた方がいらっしゃったと、感じました。

危機を転機にする力-過去の意味づけ

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

私たちの人生は、思いがけない出来事の連続です。
休職や離職を余儀なくされた方は、今のこの経験が、予測できなかったこと、かもしれません。

今日は、こういった経験を受け止め、その先につなげていく力として、レジリエンスをとりあげました。

レジリエンスの5つの要素をチェックすると、自分がもっているリソースがわかってきます。
そして、これまでの経験を振り返ることで、これまでにそのレジリエンスが発揮されてきた経験を思い出すことができます。

最後は、自分にとっての「山」と「谷」になるエピソードをふりかえって、ヒーローになったつもりでインタビューに答えます。
なぜ、その時頑張れたのですか。何を大切にしてきたのですか?

皆さんの中には、すでに「回復する力」があります。
少しほこりをかぶったり、さび付いているかもしれませんが、取り出して、はたきをかけて、油をさせば十分使えるはず。
その経験を、これまでにも何度も、何度も、積み重ねてきている自分の可能性をまず、自分が信じてみましょう。

経験を振り返ることは、過ごしてきた時間を自分の実感につなげる力があります。
実感をもって時間を過ごすことで、様々な経験を納得して、次の一歩を踏み出すことにつながるでしょう。

リワークフォローアップ

こんにちは。南浦和駅前町田クリニックのリワーク報告です。

リワークフォローアップは、これから復帰される方々の疑問や不安に対して、既に復帰された方々が経験を振り返ってアドバイスをしたり、復職後のコンディションを確認したり、みんなで意見を出し合ってフォローし合うグループです。

苦手な仕事が上手くできなくて落ち込んでしまった…  

そんな経験ありますよね。みなさんはどうしていますか?

終わった直後は疲弊してしまって、できなかった自分を責めてしまう…
他の人が自分のことを悪く言っている気がする… と絶望的になりがちです。

でも、帰宅して落ち着いてから振り返ってみると、

・人手が足りなかった
・たまたま手がかかる事案が続いた
・経験が少なかった
・苦手なことは誰にでもある
・できることはやった
・得意なことはできている
・相手も必死だった
・無事に仕事は終わった

など、状況が原因と思われることもあり、決して自分だけのせいではなかったことが分かります。

また、「自分はだめだ」「もうお終いだ」などの自動思考(自然と浮かんでくる考え)も浮かんできて、その思考が自分を責めたり、落ち込ませていると気づきます。

今後、同じようなことが起こったときには、しばらくしてから客観的に振り返ってみる、今回のリストを見直してみる、そうすれば次の日まで否定的な気分を持ち越さなくてすむ!

その日のネガティブな気分はその日のうちに解消! という結論に至りました。

なかなか切り替えられないときには、お風呂に入ったり、美味しいものを食べたり、音楽を聴いたりして気分転換をすると、冷静に考えられるようになるという意見もありました。

リワークで学んだ認知行動療法が、自然と身について、役に立っていることが確認できました。
その時すぐには気づかなくても、後から客観的に見る力、思考の癖に気づく力、修正する力は確実に養われています。

上手に使いこなして、健康に仕事を続けていきましょう。

依存症★グループワーク

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

「依存症とは」では、依存症の種類やその背景にあるものを学びました。
依存症とは「特定の何かに心を奪われ、やめたくてもやめられない」状態になることです。
ポイントとしては、自分一人の力でどうにかなる状態ではなく、自分や親しい人がそのことによって苦痛を感じたり生活に困りごとが生じたりした状態であるかどうかです。

例えば、お酒をやめたくてもやめられない。飲み過ぎて肝臓を壊している。さらに、一日の大半を酔った状態で過ごしているため、仕事や家事ができないなどの困り感です。

誰にでも依存症になる可能性があることがわかり、普段から自分の変化に気を付けて観察しようと思ったとの感想がありました。

午後のグループワークでは、サイコロトークを行いました。
少人数だったため、普段は話せないことも話しやすく無理のないところから、自己開示ができたのではないかと思います。

※金曜のグループワーク人数によっては内容を変更する場合がございます。

1 2 3 4 5 6 125