ブログ

CBT*ストレス体験を俯瞰する

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

本日の<認知行動療法>では「セフルアセスメント」と呼ばれている、ストレス体験の全貌を俯瞰し細かく見つめるワークを実施しました。

今までざっくり「モヤっとするんだけど。」「は~辛い~(泣)」で終わらせていた感情周りを全部見渡します。
全体像をチャート図のように客観的に見渡していくと、気が付いていく事がいろいろありましたね。

大切なのは「書き出すこと」。
自分自身の感情とべったりな「感情ドラマ」の状態から距離を置くことができるようになります。
1件だけでなく、何件か複数ケースを検討してみると、共通点や特徴が湧き上がってくるのです。

それは考え方だけではなく、状況だったり、対処のあり方だったり、感情だったり …
今日もまた、皆さん自分の「パターン」を見つけていたご様子でした。

来週・再来週は、いよいよ「どうやって考え方を広げていくか?柔らかくしていくか?」
そのアイデアを具体的に実践的に身に着けていきましょう!
※シリーズ途中からのご参加、大丈夫です。

アサーション:自分のタイプを知ろう

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

6月の水曜日は、「アサーション」をテーマにしています。

「アサーション」は日本語にするのがなかなか難しい言葉なのですが、「さわやかな自己表現」とも呼ばれています。
自分のことも、相手のことも犠牲にせず、円滑な対人関係をはぐくむには、大切な視点です。

今日は、自分の自己表現のタイプを知るとともに、「アサーション」とは何か、を理解していきました。
自分の気持ちや思いを犠牲にせず、相手の思いも尊重するようなコミュニケーションは、どうやったらできるでしょうか?

グループ・ワークとして、お互いの大切なものを伝え合い、グループとしての合意を目指して話し合うプロセスを体験しました。
そのなかで、お互いの考えが違っても、納得できること。
自分の考えを伝え、それを理解してもらうこと。
そしてそれが気持ちよくできる関係と日常での違いなど、様々な実感があったようでした。

次回は、アサーティブな考え方をまず、理解していきたいと思います。

 

ストレスをためない為に

こんにちは。
南浦和駅前町田クリニックのリワーク報告です。


今日のリワークでは、ストレスをためないをテーマに
ブレインストーミングやディスカッションを行いました。

日頃生活していく中で、ストレスは避けては通れないものですが、
そんなストレスどう向き合っていくかを話し合えるいい機会だったのではないでしょうか。

普段の思考の枠を取り払っていろいろな角度から考えてみたり、
日頃皆さんが実践されていることを共有していただいたり、ある出来事に対して種々のフィードバックをもらったりできて、
有意義な時間だったと皆さんから喜びのお声をいただきました。
ありがとうございます!

皆さんのまたのご参加を心よりお待ちしていますね。


心理士 秋葉

6月のアクションプラン:現在地から次のステップへ

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、6月のスタートということで、6月のアクションプランを考えました。
復職や転職、社会復帰にむけた準備として、自分の体調がどのくらい整ってきているのか、を定期的に振り返ってみましょう。

まず「復職準備性チェックリスト」を使って、働く力として回復しておきたいポイントをふりかえってみます。

先月や、休職し始めた頃と比べて、どんなことがよくなってきているだろうか、ここが大切!
それと同時に、もう少し強化していきたいこともわかってきます。

こうして現在地を把握したら、今月は何をやっていこうか、プランをたてましょう。
できるだけ具体的に、できるだけ小さい行動を目標に。
「できる」という実感を積み重ねることで、循環を作っていきましょう。

このアクションプランを意識しながら、今月も丁寧に進んでいきましょう。

協調とリーダーシップ★実践チームワーク

こんにちは。

南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

 

協調とリーダーシップでは、チームワークの大切さやリーダーシップとは何かについて学びました。

職場でチームワークを組むことがあるかと思います。

そんな時、チームの一員としてどのような心構えでいればいいのか、自分の役割は何か、そもそもチームワークって何だろう?などを考える機会になったかと思います。

職場や仕事について思い出したり考えたりするため、若干の負荷が掛かりますが、復職を視野に入れている方には仕事の感覚を思い出す、いい機会になったのではないかと思います。

 

午後の実践チームワーク「情報をまとめよう」では、あるテーマパークに関する情報を各人が持ち寄り、テーマパーク全体の情報をまとめて明らかにしていくという作業を行いました。

断片的な情報をそれぞれが持っているため、言葉のパズルのような感覚です。

こうした曖昧なものを明らかにしていく過程で、人の話を聞く姿勢や自分の情報の伝え方などを工夫している姿がみられました。また、それを図にまとめていく事務作業なども同時に行うため、そこで一人ひとりがリーダーシップを発揮していくことになりました。

CBT*発掘!考え方のクセ

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

今日は自分自身のストレス体験を実際に振り返り、そこにあった自動思考 … 「考え方のクセ」を見つけていきました。

検討した「考え方のクセ」は12パターン。どれもこれも自分が「くせ」にハマっていることに気が付かないでいると、苦しみをいとも簡単に増幅していきやすい考え方です。裏を返せば、気が付くことができれば、物事の捉え方、受け取り方を柔らかく広げていく事ができる→ 反応や対処の仕方が柔軟になる → ストレスの度合いも軽減できる … といった展開に同じ状況であったとしても自分をもっていくことができるのですね。

今回のメンバーの中で最も多かったのは「べき思考」だったご様子です。

今回は今週と先週のストレス体験の中から「考え方のクセ」を発掘していきましたが、更にいくつかケースを振り返ってみると、どのケースでも登場してくる「考え方のクセ」に気が付きます。

一気にすべてを克服しようと思わなくても大丈夫☆

まずは今の自分にとって一番大切なテーマのクセだな、と思う1つから取り組んでいけるといいですね。

今日から6月の第3週目までは、火曜日の<ストレスマネジメント>でもタイアップするかのように認知行動療法のメインである「考え方を柔らかくしていく」ワークに取り組んでいきます。町田クリニック、リワーク始まって以来の認知行動療法週2回のワークペースです。滅多にないこの機会を有効活用していけますように! 私もとても楽しみにしています。

※シリーズ途中からのご参加、大丈夫です

5月の振り返りと「きく」ワーク

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、5月最後の水曜日ということで、月間振り返りを行ないました。
今月やったこと、気づいたこと、今後に役立ちそうなこと。
各自で振り返った後、全員でシェアするのですが、いつも時間が足りなくなります。
不思議なもので、皆さんの気づいたことや変化に共通するキーワードがあったりして。

5月の共通ワードは、行動することで気づくことがある、という感じでしょうか。
皆さんの1歩ずつの変化の積み重ねが実感された時間でした。

コミュニケーションワークでは、「きく」ことのモードに違いを実感するグループワークをしました。

話し手、きき手に過酷なミッションも与えられました。
それだけに、現実でこれをやったらまずい!という思う場面も。

久しぶりのグループワーク、皆さんも楽しみながら、様々なことを実感できたようです。

背骨をゆるめ、リラックス

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークご報告です。
本日のヨガは背骨をゆるめリラックスです。
今の季節はは寒暖差や気圧の変化で自律神経のバランスが崩れやすいです。自律神経と密接に関わる背骨をこまめに刺激するヨガのポーズはこの時期とてもおすすめです。
自宅でも簡単にできるキャット&カウなどは、じっくりコリの部分を観察しながらやってみるといいです。
背骨がゆるむと自然と呼吸も深くなります。
身体がだるいときこそ、ちょっとしたヨガのポーズを取り入れてみてください。

「いらない私」と「大切にしたい私」・中間発表

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、キャリア・アンカーという考え方を使って、自分の価値観に気づくワークをしました。
キャリア・アンカーは「人生の碇」。
自分が本当に大事にしている価値観を知っておくことで、方向性を見失わずに生きていくことができるでしょう。

ワークでは、大切にしたい価値観と、優先順位の低い価値観を順位づけして見ました。。
自分が大切にしていること、その反面、それほど重視していないことを知ることで、何に基づいて行動を起こせばいいのか、考えることができます。

順位の低かった価値観は、もしかしたら、周囲のほかの人達からうけとってきたものかもしれません。
心底の望みと現実、自分の望みと他者の望み、どちらも折り合いのつけ方が難しいですね。
これまでに身につけてきたものは、必要だから身につけてきたものです。
ゆっくり時間をかけて、丁寧に取り組んでいけるといいですね。

その後は、これまでの取り組みを自分なりにまとめてくださった方の発表をみんなで伺いました。
詳細な振り返りに感心しつつ、自分の経験と似たところ、違うところ、それぞれに感じたことも多かった。
時間をかけてまとめ、素直な気持ちをが話してくださったことに感謝しつつ、ゆったりとした時間を過ごしました。

自分をリラックスさせる要素とつながる・ドラマセラピー

今日もドラマセラピーは、ソーシャルディスタンスを取り、座った状態でのワークを取り入れながら進めていきました。

ー自分を、どうやってリラックスさせたらいいんだろう?

ー自分に元気を与えるってどうしたらいいんだろう?

そんなふうに感じていらっしゃる方が多いなと感じていたので、

「自分にパワーを与えてくれるもの」を、みなさんに色鉛筆で描いて

いただきました。

「風」「森」「太陽」「川のせせらぎ」「友人との時間」などなど、、、

様々な「パワーをあたえてくれるもの」があがりました。

それらを発表していただいたあと、

椅子と色鉛筆を使って、各人、それらを配置してもらいました。

「川のせせらぎ」を表している椅子の上には、水色の色鉛筆。

「太陽」を表している椅子の上には、赤い色鉛筆といった具合です。

さらに、それらの椅子に順番に座っていきながら

「その役として自分に声をかけていく」ということを行いました。

ある方は、「川のせせらぎ」になって、こう自分に声をかけていらっしゃいました。

「〇〇さん、私は川のせせらぎです。

サラサラ、サラサラ、私が流れている音を聞いているだけでいいですよ。

ゆっくり、何も考えずに川音を聞いてのんびりしていてくださいね。」

先ほど、ご自分が描いた絵が、立体化され、さらに「それらから声をかけてもらう」ことで、身体にその体験と言葉が刻み込まれます。

「とても気持ちが穏やかに落ち着きました」

そう感じていただけたこと、とても嬉しく思っています。

自分をリラックスさせたいとき、

「リラックスしなくちゃ」と考えてしまうと、かえってしんどくなってしまいがちです。

そんな時は、体と想像力を使いながら、ゆるませてあげてください。

ドラマセラピー を、自分の心と体のバランスをとるためのツールとして捉えて頂けたら、と思います。

来月は13日の土曜日の午後に行います。

初参加、大歓迎です!

お待ちしております。

1 2 3 4 5 6 100