ブログ

私のトリセツ(後編)

火曜午前中の<自己洞察ワーク>、
今週は6月「ストローク月間 」 の最終日でしたので、念入りにストロークのシェアをコンディションチェックと一緒に行いました。

また、先週に引き続き「 私のトリセツ 」第2弾では、

その「取扱い説明」をどれだけ相手に伝えているかをイメージしやすいように数値化してみました。それを元に色々と自分のからくりを洞察してみました。時間がいくらあっても足りないですね。。

午後の<>は

オーラソーマ®を通して、自分に自分自身を与え戻していきました。

今週も「思い出したもの」… いろいろありましたね。

今日は4人の方が色の世界にデビューしました☆

膝を抱えてじっと見つめる姿がとても印象的でした。。

6月の振り返りと人狼ゲーム

今日は月間振り返りということで、6月の一か月間をみなさんと振り返りました。

1ヶ月間リワークを通して同じ時間を過ごしていても、

それぞれのあり方で学び、気付き、その変化を実感されているようでした。

 

午後は、ブレイン・ストレッチで「人狼ゲーム」を行いました。

人間観察とコミュニケーションから繰り広げられる推理とサスペンス。

とても盛り上がりましたね~♪

初めてやる方も多かったですが、みなさんの名演技と名推理は見ごたえたっぷりでした。

考え方(イラショナルビリーフ・ラショナルビリーフ)と感情

こんにちは。

本日のデイケアの報告です。

まずは、ゲシェンクというゲームを行い、そのゲームを行っている際の感情やビリーフを考えていただきました。

ゲシェンクというゲームを知らない参加者も多かった中、試行錯誤状態で行いました。

終了後、「ゲームに勝ちたい」と思っていたが「勝てなくても楽しかった」等の感想がありました。

もし、「勝たなければならない」と考えながら、ゲームを行っていたら、楽しむことはできなかったということを振り返り、極端な考え方をすると苦しいということを確認しあいました。

後半は論理療法。あるケースをもとに、イラショナルビリーフとラショナルビリーフ、それぞれからどのような感情を抱くかについて考えました。イラショナルビリーフからは不健康でネガティブな感情、ラショナルビリーフからは健康でネガティブな感情を抱くこと、

そして、同じ出来事であっても、ビリーフによって、感情が異なることを確認しあいました。

コンセンサス

今日は、スリー・テンというコンセサス(=合意形成)を目指すグループワークを行いました。

コンセンサスを得るためには、自分の意見を伝え、相手の意見も聞き、お互いの意見を尊重しつつ、折り合いをつけていくという高度なコミュニケーションが求められます。

今月は「自分の言いたいことを人に伝える」ということをテーマに取り組んできたところもあって、みなさん白熱したディスカッションをされていました。

表面的な意見だけではなく、何を大切にしているのか、どういう前提で物事を考えているのか、深くお互いのことを知ることが必要だということが分かりました。

私の取扱説明書

火曜午前中の<自己洞察ワーク>、

今週は 「 私のトリセツ 」  … 自分自身の取扱説明書を作ってみました。

人に合わせるのではなく、本当の自分を上手~く使ってもらうには。

対人関係で苦しい想いをする場面において、自分を上手に相手に分かってもらっていない、ということが往々にしてあるのですが、相手が理解する以前に、自分自身が「どんな自分なのか」を理解できていないことが多かったりするのですね。

人に合わせるのが忙しくて、周りを慮るのに忙しくて・・・ちゃんと自分で自分の取り扱い方を分かっていない場合が多いのです。

今日は第1弾として、まずはみなさん真剣に自分自身を見つめていきました。

一通り書き終えた後に、グループになってシェアしていきました。ツッコミどころ … たくさん出てきましたね~!質問されてハっと気付いていた場面がたくさんありました。

「その言葉だけじゃ周りにはちゃんと一番分かってもらいたい部分がぼやけてて伝わりきってない」そんな体験ができた1日だったのではないでしょうか。

(おまけ)あ~!中央のイラストに落書きしてる人いる~。カワイイ♡

今日だけでもかなり集中して作業をしましたが、実はまだまだ3合目くらいでしょうか。来週は更にグイっと本丸です☆

来週からご参加される方は、最初のコンディションチェックの最中に黙々と今日やった書く作業をやっていただきますね。

午後の<>はアートヒーリングでした。

こちらはココロのスイッチ系。

 

完成した後、「朝に選んだ4本のボトルの中で最も引きつけられたボトルを棚から持ってきてくださーい♪」の一言で発見した数々のシンクロ。

 

 

 

ボトルに関連して描いてください … な~んて一言も言っていないのに、似たような色合いになるのが不思議です。色のシンクロ、どれもこれも。ほぼほぼ全員!

↓ こちらは吐き出し系。

 

作成中と完成品です☆

 こういう絵だってアリアリ!

便秘と一緒で「 出すってたいせつーーーーー☆ 」

皆がそれぞれ互いに互いの今を尊重しつつ、今日の午後もまったり充実したひとときでした☆

新聞要約プレゼン

今日の午前中は復職準備チェックリストを使って、現状の確認と今後の課題について話し合いました。

午後は新聞要約プレゼンです。

政治・経済だけでなく、芸能界のゴシップからスポーツまで、自分の関心のある記事を1つ選んで、1分間に要約して発表するというものです。

興味関心の幅を広げること、認知機能の向上、コミュニケーションの向上など、様々な目的が詰まったワークです。発表した後は、発表されたテーマをもとにフリートーク形式で雑談します。

今日も様々なテーマで、おしゃべりを楽しみました。

今日のテーマは以下のとおりです。

 

 

 

 

イラショナルビリーフのタイプ


こんにちは。

本日はまず人生すごろくゲームを行いました。ゲームが終わった後、ゲームを行いながらどういうビリーフ(考え方)と感情を抱いたか等についてシェアいたしました。

その時に絶対に勝たなくてはならない等、ねばならない、must等と考えると、ゲームをあまり楽しめないことや苦しくなってしまうことを確認しあいました。

次に論理療法の理論。

固定的なイラショナルビリーフには要求の方向性があります。自分自身に対する要求(私は~ねばならない)、他者に対する要求(人は~ねばならない)、世間に対する要求(世間は~ねばならない)があります。

自分自身がどの方向のイラショナルビリーフを抱きやすいか、こんなラショナルビリーフ(柔軟な考え方)で上手くできている等について、分かち合いました。

自分のビリーフの傾向を知る一助になったかと思います。

職場復帰後の人間関係

今日は職場復帰後の人間関係について考えました。

復職するときに「職場の人に休んでいた自分はどう思われているんだろう?」という疑問が頭をよぎることも多いのではないでしょうか。

こうした疑問は不安へと変わっていきやすいと思います。

今日話し合った中でも、「偏見があるかも」「理解してくれない人がいるかも」「(知らない人は)どういう人なんだろう?と思うかも」「仕事の評価とセットで判断されて肩身が狭くなるかも」「何か月も休みやがって!と思っているかも」「職場の人もどう対応したらいいか分からないかも」など、様々な意見が出ました。

こうした不安に対してどう対処したらいいか、についても話し合いました。

これらは自分の中で作り出したイメージなので、本当にどう思っているかは職場の人とのコミュニケーションの中で確認していくしかありません。

相手も対応の仕方が分からない場合も考えられるので、どう関わってくれたら嬉しいのかうまく伝えられるといいのでは、などと話し合いました。

具体的に復職のことを考えると、心の準備ができてくるようです。

 

 

 

子供の自分を褒めてあげる

火曜午前中の<自己洞察ワーク>、

4月中旬からスタートしました「シリーズ交流分析」。本日の9回目をもって最終回となりました。

スタートした頃に自宅近くに巣作りを始めたつばめが、卵を産み、ひな達を育て、もう間もなく巣立ちだな~という頃に、このシリーズも終了となり、ちょうど2ヵ月間となった皆さんと取り組んだ日々とぴったり重なり、ジ~~~ンとなった今日でした。

シリーズ後半では、どんどん自分の源泉へと遡り、ほろ苦い子供の頃の自分と向き合い、皆で解放を許してもいきました。みなさんお1人お1人の表情。。。忘れられないです。

シリーズの中で体感を持って「続けると違うんだ」という経験をされていくご様子を、とても嬉しく、とても眩しく拝見していました。

午後の<>では、

オーラソーマ®を使って、色を通して自分自身を思い出すワークをやりました。

今日は大人数でしたので、いつもの4本ではなく、1本集中で色と自分を見つめていきました。

ワーク終了後、撮影し忘れていたことに気が付き、撤収の際に「集合写真」をば☆

最初は「どうやって感じるの!?」丸出しで戸惑っていた方々も、回を追うごとに自分の内なる感覚を自然としっかりキャッチできるようになっていくのが面白くもあり、毎度すごいなぁ、と思うところです。

 

来週は第3週目恒例<アートヒーリング>です。

ココロのスイッチを作るもヨシ!

ココロの何かを解放するもヨシ!

自己主張大会

今日は午前中に生活習慣の中で運動について考える時間をとり、

午後は自己主張大会をしました。

例えば、「朝ごはんにはパン?ごはん?」などと2つの立場に分かれてディスカッションしてもらいます。その中で、自分の意見を主張しようというものです。

「自分の意見を相手に伝える。相手の意見をぶつけられる。」という体験をしてもらうことが目的です。

みなさん自分の意見を言うことと、相手の意見を聞くことのバランスがすばらしかったです。自己主張することで分かり合えることもあり、「そういう意見もあったんだ」と気づきも多かったようです。

自分の意見を言わないと分からない、聞いてみないと分からない。改めてコミュニケーションの大切さに気づくことができました。

 

自己主張 に対する画像結果

 

1 2 3 4 5 6 23