ブログ

リワークフォローアップ

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークのご報告です。
リワークフォローアップは、復職された方、これから復職される方、両者の今抱えている不安や疑問点などについて話し、皆の経験を語ったり、知恵を出し合ったりしてフォローし合うグループです。
 
今回は「復職当日の挨拶はどうしたらいいのか」、「通勤訓練はどうしているのか、やったほうがいいのか」などの話が出ました。

ほんのちょっとした疑問や不安を皆で共有し、いままでのリワークプログラムで学んできた知恵なども併せて振り返ることで、自分のものになっていくのではないかと思います。

また、今年最後のプログラムということもあり、1年を振り返り、それぞれ今年を漢字一文字で表してもらいました。
様々な漢字が並びましたが、皆さん今年体験したことや学んだことを通じて来年に生かしていきたいと話されました。

新年、またリワークプログラムでお会いしましよう!

2019年もあと少しです。良いお年をお過ごし下さい。

12月のドラマセラピー・ドラマにすることで得られる気づき

今年も残すところ数日となりましたね。

今日のドラマセラピーは、ゆっくりと2019年を振り返りながら、

「今年、自分の中で一番大事な体験・瞬間」をドラマにするワークを行いました。

ストレッチやウォーミングアップのあと、用意したのは12個の椅子です。

それぞれの椅子は、1月から12月までを表しています。

椅子に座りながら、1月、2月…と、その月に起こったことや感じたことを思い出していくことからスタート。

椅子の上で、どんなポーズをとってもOK!

椅子の背をポンポンとたたいたり、椅子をなでたり、、、

いろんな感情を、体で表していきながら、12個の椅子を時計回りに回っていきました。

そして、全て周りきったあと、今年一番大きかった思い出や出来事が起こった月を一つ選び、その体験を話していただきました。

参加者のお一人は、

「このリワークプログラムに参加したことです。

私一人ではなかったんだ!と思えたことは、とても大きかったです。」と口にされました。

皆さんの内側を、ドラマとして見てみましょうとお伝えして、ドラマワークへ。

ドラマでは、できないことはありません。

実はいろんな「役」が、一人の心の中にいたのだということがわかりました。

たとえば、、、

・わかってもらえて嬉しいと思っている人

・そういうことだったんだと、深く納得できた人

・意外だなぁ、と思って驚いている人

・そうそう!と、他者に対して深く共感している人

などなど、、、

一つ一つの役を、ジェスチャーやポーズで表しながら、自分の体験・思いを丁寧に形にしていくと、

別のものも見えてきます。

先ほどの方は「そうそう!」と内側では深く共感しているのですが、その役はポツンと一人で他の役の後ろ側に隠れていたのです。

「この共感している人を、もう少し前に出してあげれば、もっと他者と心が通じ合いますね。」と、お声がけをして

どんな役がそばにいたら、もっと共感を外側に出していけるだろうか?について話し合いながら、さらにドラマワークを続けていくと、、、

・(自分の気持ちを口にしても)だいじょうぶだよ!と言っている人

・ためしに少し言って見たら?と励ましてくれる人

などがそばにいたら、もっと安心だねということがわかってきました。

上記の二人をさらに加えて、再度ドラマワークをやってみると、、、

「すごく励まされて、やる気になりました。自分の中の共感を、外側に出せる気がします。

来年は、少し勇気を出して口にだしてみようかな。」

そう、おっしゃっていました。

ドラマセラピーは、こんな風に自分の心の中で起こっていることを、目に見える形で見せてくれます。

だからこそ、自分自身への理解が深まるんですよね。

そして、ドラマの中で行われたことは、日常生活へのリハーサルにもなります。

今日は今年最後のドラマセラピーでしたが、一緒に2019年を振り返りながら、私もとてもいい時間を過ごさせていただきました。

来年は、1月25日の午後13時から、ドラマセラピーを行います。

どうぞ、お気軽にご参加くださいね。

また、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

Iメッセージ

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークのご報告です。
本日は、アサーションについて行いました。
アサーションとは、自分も相手も大切にする自己表現のことで、自分の考え、欲求、気持ちなどを率直に、正直に、その場の状況にあった適切な方法で述べることです。自己表現には、非主張的自己表現、攻撃的自己表現、アサーティブな自己表現があります。時と場合、相手等によって、3つの自己表現を使い分けているかと思います。
本日は、アサーティブな自己表現の手段である、Iメッセージでの伝え方を中心にアサーティブな自己表現について行いました。
Youメッセージと比較して、Iメッセージで伝えられた場合の気持ちについて分かち合ったところ、決めつけに聞こえないメッセージになることやソフトな印象を受けること、力になろうと思えること等が挙げられました。Youメッセージで人にお願い等をすると、命令等と感じとられてしまう恐れもあるかと思われます。
そのため、Iメッセージで伝えたい場面についての分かち合いをいたしました。気持ちを伝えたい時、仕事のお願いをする時、言いにくいことを伝える時等、様々な視点からIメッセージを検討いたしました。
人に伝えにくいことを伝える場合やお願いする場合には葛藤と伴うことがあります。上手くIメッセージを活用いただけましたら、と思います。

骨盤周辺

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークご報告です。

本日のヨガは骨盤周辺を動かすポーズを行いました。

骨盤周辺を動かすヨガは、腰痛の予防や、改善につながります。

股関節部分には太い血管と大きなリンパ節があり、ほどよい刺激を入れることで、全身の血液とリンパの流れが促進され代謝も良くなります。

骨盤まわりの血流が活発になり、むくみ・冷えの改善や、だるさ軽減・疲労回復にもつながります。

自宅で簡単にできる、バタフライポーズや、バッタコナアーサナなどもおすすめです。

では、来年も宜しくお願い致します。

罪悪感と恥を理解する

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、感情を理解するシリーズとして、「罪悪感」と「恥」を中心に取り上げました。
ここまでに考えてきた、不安や怒りなどは、自然に生まれてくる感情です。
今日とりあげた罪悪感や恥ずかしいという気持ちは、最初に生まれた感情を、自分がどうとらえているかが加わって生まれてきます。

この2つの感情には、自分への否定的な判断がかかわってきます。
その背景にあるのは、自分という存在や思いを大切にしたいという気持ちです。

同じシチュエーションでも、罪悪感を感じる状況や理由は人それぞれでした。
共有することで、時分の思いを振り返り、何を大切にしたいと思っているのか、振り返りにつなげている様子でした。

クリスマス会2019

みなさん、こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークです。

今日は、管理栄養士&カウンセラーとして活躍されているアシスタントさん主催で、ドリンク5種類を飲み比べて、甘い順にランキングをつけてもらいました。

普段、さらっと飲んでいるドリンクも味わって飲んでみるといろんな気づきがありますし、本当に人それぞれ感じ方が違うことがわかりとても盛り上がりました。

そして、普段何気なく飲んでいるドリンクにたくさんの糖分が含まれていることが分かって衝撃でした。知ってよかった~

今日飲んだドリンク。

それに対してのみなさんの感想です。

甘さを感じにくくするために酸味や炭酸などでバランスを取っていることが分かってビックリです。もちろんこれからもジュースは飲んでいきますが、もう少し考えようかなと思った次第です。

午後は、みんなで話し合って即興ソングを作って、そして卒業発表をしました。例年と違った形になりましたが、今年も最幸な時間をみなさんと過ごせてよ、かったです。残りあと少しですが、みなさんよいお年を~!!

 

 

認知行動療法を使い続ける

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

4ヶ月ほどにわたって、認知行動療法に取り組んできました。
今日は、その振り返りと、今後、使い続けるための工夫を考えてみました。

プログラムで学んだこと、身につけたこと、それぞれにいろいろとみつけられた様子でした。
共通して話題に出たのが、ストレス状況におかれたとき、一度立ち止ってみる。
そして、その状態や自分の反応と距離を置いて観察してみるというプロセスの大切さでした。

ストレスマネジメントを身につけることで、のびのびと健やかに暮らせる時間が増えるとよいですね。

★1月のプログラム

< プログラム全体図 >(PDF) 

< はじめての方へ  (”見てるだけ”でもOK & 負荷の低いプログラム) > (PDF)

 

リワーク・デイケア プログラムカレンダー(PDF)

*ご利用にあたり、初回/再開の前に診察にて事前確認が必要です(詳しくは受付まで)
*状況によりプログラムを変更する場合がございます。予めご了承願います。
*10:20までに入室された方にはお弁当がご用意できます。

 

【 プログラムご案内】

リワーク部門)

月曜: 復職・キャリア・セルフケアプログラムなど

火曜: 自己洞察プログラム・ライフスタイル・ヨガなど 自己洞察プログラムヨガ
水曜: コミュニケーション・個別フォローアップなど <個別ワーク> *Office* 集中トライアル★ 詳細&FAQ ★(ブログ)

木曜: 認知行動療法・個別プログラムなど 認知行動療法

金曜: ハンドケア・グループワーク・復職支援・各種心理療法など

土曜: リワークフォローアップ・ヨガなど ドラマセラピー

その他の部門)

第2月曜午前:摂食の悩みグループ PDF

第2土曜午前:須永CPとかたらう自分らしくいるためのスモールグループ PDF

第4土曜午前:須永CPとかたらうひきこもりの親のスモールグループ PDF

一年の振り返り(2019)

みなさん、こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は私が担当する最後の月曜日ということで、1年の振り返りを行ないました。2019年の主な出来事やニュースを振り返りながら、そのときの自分を振り返っていきました。

さすがに1年も経つといろいろ忘れてしまうのですが、毎月やっている振り返りシートやコンディション・グラフ、プログラムや月の予定を振り返っていくと思い出せることも出てきます。

そして、1年の気分の変化をグラフで表現してみたり、漢字一字で表現してみたりしながら1年をまとめていきました。

1年もあるといいことも、そうでないこともいろいろあったと思うのですが、そんな中ここまで歩んでこれたということを大切にしてもらえたらと思います。みなさんの濃密な1年をぎゅっと凝縮して共有できた時間でした。また、みなさんがいたからいろんな気づきや、復職に向けて準備を整えていくことができたのではないでしょうか。RWに通っているみなさんにも自然と感謝の気持ちが生まれてきました。

あと数日で、2019年が終わり、新しい年が始まります。今日のワークが、みなさんの新しい一年につながってくれると嬉しいです。

 

 

 

疾病理解講座「軽症のうつ病」小グループワーク「要求水準」

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークのご報告です。

本日は疾病理解講座「軽症のうつ病」について行いました。
まず、うつ病の原因や病前性格について説明をし、NHKきょうの健康「うつ病信頼できる最新治療『軽症のうつ病』」を観ました。そして、疑問点や感じたことの共有をいたしました。
最後にレジリエンスを高める方法や日常生活で心がけたいことについて分かち合いました。
レジリエンスを高めるために、CBTの活用や、自他をほめるようにすること、良い面を見るようにすること等、様々なことが挙げられました。また、日常生活で心がけたいこととして、規則正しい生活をすること等が挙げられました。
軽症のうつ病では、症状が比較的軽く、どうにか、仕事等にも行くことができる状態です。そのため、無理をしてしまいがちですが、自分の状態に気づき、早めに対応されることも必要かと思います。
本日の小グループワークでは要求水準について行いました。作戦を立てることのできるワーク、運に任せるワークを行いました。両者のワークで、要求水準の立て方は異なっていましたでしょうか?ワークを通じて、ご自身の要求水準の立て方等について、感じることができたかと思います。