ブログ

ストローク*アップグレード版

火曜午前中<自己洞察ワーク>、

ただいま6回で 交流分析 をやっております。

今週は4回目☆

 

先週に引き続き、「 ストローク 」。

アップグレードバージョンです。

先週の実演を踏まえ、

「これは使える!」「これはイイ!」というフレーズを

お互いに出し合っていきました。

 

先週の44 → 80フレーズまで成長!

皆で作った今日のシートは、一生使える宝の1枚になりますねきらきら!!

 

更にパワフルになる言葉の<使い方>の傾向にも

皆で気が付いていきました☆

 

その上で自分自身のバージョンアップ版シートを作成し、

今週も4分間のワークを実施しました。

 

先週今週と、間を空けずに繰り返しストロークのシャワーを浴びることで、先週との自分自身の<受け取り方の違い>も体感でき、

続けることと、習慣の大切さもまた理解できた1日でした。

 

先週のベーシックバージョンをGW中に早速活用して

大切な局面を過ごされた方のシェアも

とても参考になり、ありがたかったですねニコニコ

午後の * なないろワーク * では

オーラソーマ®をやりました。

本日デビューされた方のイニシャル4本ラブラブ

 

だんだん、「呼ばれているものはどれだ?」の感覚が

腹(ハラ)で掴めてきた方もいらっしゃいました☆

 

今日は<色のこきゅう>の際、

ボトルを使っていつもとはちょっと違うこともやったのですが、

・・・ああ、撮影を忘れてしまい。。汗

 

 

来週は第3週目なので

恒例の<アートヒーリング>です。

自分のスイッチ、作りましょう!

快眠セレモニーと考え方の癖

今日は快眠するためのコツをみなさんで確認して、快眠につながる儀式(ルーティーン)を考えてもらいました。

 

 

また、午後はストレスになりやすい状況に対して、自分はどのように反応するのか振り返ってもらうワークを行いました。

 

人は状況や出来事に対して、フィルターを通して受け止めています。その代表的なものが考え方なので、それぞれが持っている考え方の癖を見つけてもらうワークです。

 

自分の癖を知って、それのいいとこ取りをして、うまく使いこなしていけるようになりたいものですね。

ココロの栄養になるコトバ

火曜午前中<自己洞察ワーク>、ただいま6回で 交流分析 をやっております。今週は3回目☆

「 ストローク 」についてみなさんで取り組んでみました。

私:60個 もく ひょうっ!

皆:ええぇ~あせる

 

な~んてどよめいたのも何のその☆

すらすらっと44のことば(と、ついでに しぐさ)が出ましたね!

 

ココロの栄養になることば。

意識して使っているか否かは

人生のクオリティに大きく違いをもたらすと言っても

決して過言ではありません。

 

皆で出し合った<ココロの栄養44>に加え、

更にダイレクトに自分自身にプラスの栄養となる

自分ならではのストロークも加えてワークもやりました。

 

たった4分。ほんの4分。

繰り返し伝える経験、受け取る経験。

ストロークのシャワーを浴びた後の皆さんの表情。。。

胸が温かくなった、泣きそうになった、ジーンときた。。。

 

私はみなさんのそのビフォー/アフターに泣きそうでした。

 

体感していただいた、ストロークの力!

今月5月は意識して、意識して

自分の *習慣* になるまで沁みつかせていきましょう!

 

みんなで出し合った44のことば達、

自分自身の大切なフレーズ達と一緒に

5月火曜は <ストローク月間> ですウインクふんわりウイング

 

毎週みんなでチェックし、育てていきます。

 

来週も引き続き、ストローク(中編)です。

シリーズ途中からのご参加・

午前中のみのご参加、どちらも大丈夫です。

 

 

午後の * なないろワーク * では

久し振りにゆっくりめにお1人お1人に時間をとってオーラソーマをやりました。

久し振りに参加し(ナイスタイミング!)そして改めて自分の内側を確認していく …

そんな一幕もありました。

 

素敵なシンクロもありました☆

 

イメージ・トレーニング

今日は文章完成法を使って今の自分を表現してもらい、その中で一番心惹かれるものをピックアップして、さらにそのイメージを膨らませてもらいました。

 

お互いにインタビューし合いながら、少しだけそのイメージを掘り下げるお手伝い。少しずつ明確になり、言葉にしていくといろんな心の変化が生まれてきます。

 

自分がやりたいことやありたい自分について話しているときの表情はみなさんイキイキとされていました。

 

今後も心にいい習慣が身につくようなワークをしていきたいと思います。

 

ビリーフ(認知・考え方)を考える

同じ出来事があってもみんな同じ感情や行動に結びつくわけではありません。

REBTでは、ビリーフによって感情や行動が変わると考えます。

本日は、どのようなビリーフからどのような感情や行動に結びつくのか等、ビリーフに焦点を当てつつ、日常生活を振り返ってみました。

ビリーフには2種類あり、固定的で痛みの伴う思考であるイラショナルビリーフと柔軟な考え方であるラショナルビリーフがあります。そして、イラショナルビリーフからは不健康でネガティブな感情・行動、ラショナルビリーフからは柔軟でポジティブな感情が生じるとされております。

参加者の方々に日常生活を振り返っていただき、どのような時にどのようなビリーフを抱き、どのような感情、行動になったのか等について、あげていただきました。

そして、そのビリーフについて、他の参加者の皆様からフィードバックいただき、みんなで考えていきました。

同じ状況であっても、ビリーフを変えることで、感情や行動が変わることを実感いただけたかと思います。

ワールド・カフェ

今日はグループ・ワークでワールドカフェをしました。

 

グループを作って、メンバーを入れ替えながら1つの話を深堀していく手法です。テーマは「これからの人生において大切にしていきたいこと」でした。

 

休職期間の中で気づいたこと、発見したことの中で、これからも大切にしていきたいことを話し合ってもらいました。

 

家族、友人などといったつながり・絆、それから本当の自分に戻るということ…などなど。

 

みなさん、似たような境遇だからか表面的な違いはあれど、本質は似たようなところに行きつくのだなと思いました。

 

 

やりとりパターン分析

火曜午前中は<自己洞察ワーク>でした。

 

先週から6回シリーズで実施しています 交流分析☆

今週は第2弾 「 やりとりパターン分析 」を

みなさんで取り組んでみました。

いつも無意識にどんなコミュニケーションパターンをやっているか、

先週の自己分析を元にしても検証してみました。

「おっとあせる コレやってる。。」

ちょっとした気付きが、その後のちょっとした意識付けを

作っていってくれるのですね☆

 

復職の際、どのようにレポートすると

会社の人事に取り組みの成果が伝わりやすいか …

人事に所属していた経験を踏まえ、お話もさせて戴きました。

 

来週は交流分析第3弾

<自分と周りを楽にしていくストローク>です。

 

いったい自分の「 〇〇上手度 」 はどのくらい?

じっくり見つめていきますよ~☆

(途中回からのご参加も大丈夫です。)

午後の * なないろワーク * では

「 ゆるす 」 をテーマに 色を画用紙に落としていきました。

撮影を忘れてしまったので、今日はデイケア入口の様子をば☆

もうすぐ端午の節句ですね音譜

鎧兜と … 手前に横たわっているのは こいのぼりこいのぼり

このコ達がお迎えしています。(ああ。。アングルのセンスがなかった。。)

ケース・スタディ(受容)

今日は、セルフ・コントロールでケース・スタディを行いました。

 

「受容」に焦点を当て、ストレス要因に対して、どんなストレス反応をしているのか、そしてそれらがどのようにお互いに影響しあっているのかを整理しました。

 

この作業を自分でやるのはなかなか難しいですが、セルフ・コントロールを高めて行くには必要なことかなと思います。

 

大変な状況の中だと客観的に振り返るのは難しいので、余裕のあるときに振り返って慣れておくことが大切だと思います。

 

その後、みんなで散歩に行きました。天気がよかったのでとても気持ちがよかったです。

 

 

 

考え方の枠を広げよう

こんにちは。4月21日のデイケアの報告です。

本日は、それぞれの出来事に対する見方を考え方等を考え、参加されている方々からの意見を伺うこと等を通じて、考え方の枠を広げてみることを試みました。

同じ出来事があってもみんな同じ感情を抱いたり、行動をとるわけではありません。

それは、出来事に対する見方、考え方によって感情や行動に結びつくためです。

参加されている方々1人1人に自分の出来事、その時の考え方、それに伴う感情や行動を発表いただきました。そして、発表いただいた出来事に対する別の視点からの考え方を発表者以外の参加されている方々からあげていただきました。

他の方からの視点をあっこういう見方、考え方があるんだ!と発見があるかと思われます。また、視野を広げることで、考え方が柔軟になっていくかと思われます。

キャリアマップ&プロデュース

今日はキャリアについて考えてもらいました。

 

多くの人は職場復帰ということで元の職場に戻られる方が多いのですが、とはいっても改めてこれからのことを考えることは意味があると思うのです。

 

キャリアのたな卸しをして、1枚の図や絵にまとめて、それを説明し、他の利用者さんにその人のがもっと輝くにはどうしたらいいか、プロデュース案を考えてもらいました。

 

 

中には突拍子もないアイデアもありましたが、そういう意見もあると自分では考えもしなかった選択肢に視野が広がったり、比較してみると今の仕事のよさに改めて気づけたりと、いろんな発見があったようです。

 

いろんなバックグラウンドがある人たちが集まっているので、自分とは全く違う世界で生きてきた人たちの話をきけるというのはなかなかない機会なのかもしれません。