ブログ

内側の声に耳を傾ける・ドラマセラピー

今日のドラマセラピーは、今の自分の身体に意識を向け、自分の内側に今どんな感覚があるのか?を探っていきました。

 

 

「モヤモヤ」

「ざわざわ」

「どんより」

「ドヨーン」

 

それらが、今の自分の内側にキャラクターみたいにすんでいるとしたら、どんな形で、どんな重さでしょうか?それをイメージしてもらい、そのキャラクターになってみるというドラマワークを行いました。

 

普段、私たちは、自分にとって心地よくない感覚があると、それを追い払ったり、すぐに消し去ろうとしたり、なんとか解決しようと一生懸命になってしまいがちです。そこに耳を傾けることなど、考えもしませんね。

 

 

しかし、大事なことは解決することではなくて、そこに潜んでいる「声(意見)」に耳を傾けてあげることなんですね。言い分があるからこそ、何らかのサインが出ているだけなのに、その声を無視したり、追い払おうとしたら、「何で、聞いてくれないんだ!」と、ますます不貞腐れたり、声は大きくなってしまうと思いませんか?

 

 

「あのさ、、、」

「本当はね、、、」

キャラクターに変身したときに口から出てくる言葉は、ずっと「聞いてよ!」と、実は自分の身体が発していた言葉なんですね。

そこに気づいて受け止めてあげた時、何かが変わっていきます。

今日は、それをドラマを通して体感していただきました。

 

 

「何だか、不思議な感覚です。自分が、ザワザワになった時に、受け止めてもらえた嬉しさがありました。」

「ちょっと、今までになく、心地いい一体感で帰れそうです。」

 

 

そんなご感想も出て、とてもうれしく感じています。

どんな感覚も自分の一部です。だから、追い払ったりするのではなく、「よしよし、色々あるもんね、言いたいことたくさんあるよね。聞いてあげるよ。」と、そこに寄り添いながら耳を傾けてあげましょう。

自己肯定の第一歩は、どんな自分が内側にいようが、その声に耳を傾けてあげることだと私は思っています。

 

 

 

次回のドラマセラピーは10月の第四土曜日に行います。(9月は一回お休みとなります。)

初心者、大歓迎!

演技力などは一切不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

お会いできることを、楽しみにお待ちしております!