ブログ

アサーティブな表現をしてみよう!

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今日は、アサーションをテーマにした3回目です。
理解して、考え方のくせを知って、今回は、アサーティブな表現を考えてみました。

自分の思いを率直に表現することがお互いに気持ちのいい関係を生むとは思うけれど、、、、
ハードルは高そうですが、その
最初に、苦手な思いをする場面や状況をチェックしてみました。
人によって、苦手な場面にも違いがありました。

大勢や知らない人には言えない人、逆に、関係が近い人には言いにくい人。
多くの場面で自分のことを伝えるのが苦手なことに気づいたり、自分が良くやる行動につながっている背景に気づいた人もいました。

診察や苦手な場面など、場面を設定してセリフを考えてみました。
自分が何を伝えたいのか、よくわかっていないことで、あいまいな表現になったり、言葉が上手く出てこなかったことにも気づきました。
そして、相手を目の前にして実際にやってみると、アサーティブに表現することで結果も、そのあとの気持ちもが違うことが実感できました。

自分のことを伝えるのが苦手、自信がない。そういう思いが、アサーティブな行動を邪魔することは多くあります。
伝え方が下手なのか、自分の気持ちが分かっていないのか、考えに自信がないのか、相手に否定されるのが嫌なのか、さらに考えていくと様々な答えにたどり着くようです。

自分の権利と自由を大切にするように、相手の権利と自由も大切にすることがアサーションの基本にあります。