ブログ

アサーティブに表現する

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

今月、取り組んできたアサーティブなコミュニケーション。
アサーティブな表現について理解して、アサーティブな考え方や基本的な権利についても知ったけれど。
さて、どういう表現がアサーティブなんだろう?
なかなか実際の場面では難しい、、、、、。(今日も、まさしく!そういう方がいらっしゃいました)

アサーティブなコミュニケーションには、決まりきったやり方も、唯一の正解もありません。
そのときどきの場面や条件、自分、相手、お互いの関係。
どれをとっても同じものがないように、そのときどきで、アサーティブなやり方もかわってきます。

日常的な場面と問題解決のためでは、コミュニケーションの目的が違います。
ということは、アサーティブなやり方も違います。
その一方で、どちらにもアサーティブな姿勢というのは大切です。

今日は、日常会話苦手!という方が多かったようです。
その一方で、日ごろから会話を楽しめているという方、あるときから意識的に変えてきたら楽しめるようになったという方。
思わぬ体験談もうかがうことができました。

実は、日常の場面で交わされるアサーティブなやりとりが、お互いの関係を作っていきます。
まずは関係作りから。
その基盤の上に、お互いの率直なやり取りがここちよく生まれてくるのかもしれません。

来月も、引き続き、アサーティブなコミュニケーションについて考えていきたいと思います。
一週開けて再来週の水曜日には、実践トレーニングと気持ちのよいやりとりについて考えていきます。