ブログ

セルフケアのきっかけと道具箱

こんにちは。
南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

4月の月曜日は復職準備の一環として、「再発予防」について考えてきました。
再発を予防するために役に立つことのひとつは「セルフケア」でしょう。
自分で自分のコンディションをケアできれば、また何かがあっても、なんとかなるという安心感につながります。
これが、私たちのストレス耐性を高めるひとつの支えになります。

今日は、このようなセルフケアをするためのサインになる「きっかけ」とそのためために「役に立つこと」を考えてみました。

当然のことですが、ストレスをかける原因も、それによって生じる反応も人それぞれです。
ですから、きっかけも、できることも、人によってまったく違います。

前半では、自分の日頃のコンディションを振り返ってみて、落ちている時と上がりすぎている時の状態を意識しました。
そのとき、自分のコンディションが日頃と違うことに気づく「きっかけ」に何があるでしょうか?
このきっかけを知っておけば、今の自分は「要メンテナンス」だと感じ取り、対処することができます。

自分の上がりすぎの状態、落ちている状態。つまり、メンテナンスが必要な状態を知っておくこと。
これが、ストレスに対するセルフケアのスタートになります。
今日は、この「状態」を具体的に把握するためのヒントを、お互いに交換することができました。

後半は、いつもやりがちなストレス対処から、最後はストレスケアの道具箱のレパートリー100をめざしてアイディアを出し合いました。
模造紙に落書きしながら、他の方がやっている思わぬアイディアを聞くと、本当に、人それぞれなんだなと思いますね。
今日は100個までは増えなかったのですが、自分では思いつかなかったようなアイディアを、それぞれ道具箱に入れていただきました。