ブログ

自分をリラックスさせる要素とつながる・ドラマセラピー

今日もドラマセラピーは、ソーシャルディスタンスを取り、座った状態でのワークを取り入れながら進めていきました。

ー自分を、どうやってリラックスさせたらいいんだろう?

ー自分に元気を与えるってどうしたらいいんだろう?

そんなふうに感じていらっしゃる方が多いなと感じていたので、

「自分にパワーを与えてくれるもの」を、みなさんに色鉛筆で描いて

いただきました。

「風」「森」「太陽」「川のせせらぎ」「友人との時間」などなど、、、

様々な「パワーをあたえてくれるもの」があがりました。

それらを発表していただいたあと、

椅子と色鉛筆を使って、各人、それらを配置してもらいました。

「川のせせらぎ」を表している椅子の上には、水色の色鉛筆。

「太陽」を表している椅子の上には、赤い色鉛筆といった具合です。

さらに、それらの椅子に順番に座っていきながら

「その役として自分に声をかけていく」ということを行いました。

ある方は、「川のせせらぎ」になって、こう自分に声をかけていらっしゃいました。

「〇〇さん、私は川のせせらぎです。

サラサラ、サラサラ、私が流れている音を聞いているだけでいいですよ。

ゆっくり、何も考えずに川音を聞いてのんびりしていてくださいね。」

先ほど、ご自分が描いた絵が、立体化され、さらに「それらから声をかけてもらう」ことで、身体にその体験と言葉が刻み込まれます。

「とても気持ちが穏やかに落ち着きました」

そう感じていただけたこと、とても嬉しく思っています。

自分をリラックスさせたいとき、

「リラックスしなくちゃ」と考えてしまうと、かえってしんどくなってしまいがちです。

そんな時は、体と想像力を使いながら、ゆるませてあげてください。

ドラマセラピー を、自分の心と体のバランスをとるためのツールとして捉えて頂けたら、と思います。

来月は13日の土曜日の午後に行います。

初参加、大歓迎です!

お待ちしております。