ブログ

職場と発達障害☆新商品を企画しよう

こんにちは。

南浦和駅前 町田クリニックのリワーク報告です。

 

午前の「復職支援」では、職場の発達障害について対応する側と当事者の困り感を学び相互理解を深めました。

例えば「職場が繁忙期になってあわただしいムードになっている、〇〇さん(発達障害者)も周りを気にしているみたいだな」と気づいたあなたは、どう接するのが望ましいか、など具体的な場面を想定して皆で考えてみました。

 

職場での対処法は発達障害に限らず、皆にとってもいい方法だと思う、との感想が数名からありました。

また、支援する側に立った時の判断の難しさを感じた、などの感想がありました。

 

午後のグループワークは『新商品を企画しよう』でした。

今回の商品は、ティッシュケースです。

面白かったり、可愛かったりするプレゼントにしてもいいような新しいデザインのティッシュケースを考えてもらいました。

富裕層に向けた50万円と高額なティッシュケースを企画したグループ、ティッシュケースを舞台に見立ててアイドルグループを並べられるものを企画したグループなど様々な面白い企画案が出ました。

 

話し合いの際には、自分の意見と他者の意見の折り合いをつけること、他者とのコミュニケーションの中で自分のくせに気づくことなどを意識してもらいました。

 

金曜日のグループワークは、“まずは自分考えや思いを安全な場所で語ってみる”“人との関りに慣れる”そうした経験の積み重ねから自身のコミュニケーションのあり方を振り返ることができます。

 

※金曜のグループワーク人数によっては内容を変更する場合がございます。