ブログ

CBT*問題解決法*宝の認知を発掘しよう

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

今月の<認知行動療法>では行動部分に焦点を当て「問題解決法」に取り組んでおりますが、その中でも本日は問題解決に向かいやすい認知について検討していきました。

行動するにも、まず、その行動についての「捉え方」で動きやすくなるのか、全然動けなくなってしまうのかの大きな違いが出てきてしまいます。

今日はストレス対処能力が強い人の認知(モデル認知)を中心に6つのポイントを覚えていきました。

そもそもそういう思考回路がなかった …

そんなんでいいの? と今まで真逆の捉え方をしていた …

そんな反応が今回も多かったです。

うごけない考え方の仕組みにさも「これが当たり前」とどっぷり浸かった状態では、いくらもがいても感情が乱れるだけ、ココロもアタマもカラダも疲弊してしまうだけ。そうだった!今までホントそうだった! … と、今までのカラクリを確認できた方も多かったようでした。

今日一番多かったご感想コメントは、「気が楽になった」「重さがとれた」でした。

今の自分に最も充実に☆ も大切なポイントでしたね。

 

来週も引き続き、問題解決法にあたっての「認知」を検討していきますが、来週は逆のアプローチ、「ブロック」を溶かしていきましょう。

来週は皆さんのブーイング&悪態大合戦です!

「だってぇ!」「そんなこと言っても!」「でもさぁ!」 … この続きのフレーズこそが道を開く「鍵」となっていきます。

どんなブロックで行動が止まっているのかを紐解いていきましょう☆ みんなで心置きなくぶぅたれていきますよ!

ブロックの土壌から、ど~んな「考え方のくせ」が掘り出されてクリアになっていくのやら♪ 楽しみです。