ブログ

論理療法IBの論駁

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークのご報告です。

本日は、論理療法について行いました。

まず、論理療法の原理について見直し、ビリーフが感情や行動を生みだすことを確認いたしました。

ビリーフにはイラショナルビリーフとラショナルビリーフがあり、イラショナルビリーフからは、不健康でネガティブな感情・行動、ラショナルビリーフからは、健康でネガティブな感情・行動につながります。そのため、イラショナルビリーフを論理性、経験主義、実用性の観点から見直していくことでラショナルビリーフにつながることについて、確認をいたしました。頭では、わかっているけれど、なかなかビリーフが変えられない、どう変えて良いかわからない等のことがあるかと思います。

そこで、本日はイラショナルビリーフの論駁に焦点をあててみました。

自分で作った考え方は自分で変えることができること、ビリーフを変えることは難しいことについて、確認しつつ、それぞれ自分の抱くイラショナルビリーフについて、論駁し、分かち合いました。

日ごろから、自分の抱くビリーフについて考え、苦しい考え方だと感じる時には、それを少し和らげるということを繰り返すことで、ラショナルビリーフに繋がることと考えられます。