南浦和駅から徒歩1分スーパーコモディイイダの上に診療内科・精神科 町田クリニック

当院からのご挨拶

こんにちは。さいたま市南区の心療内科「南浦和駅前 町田クリニック」です。わたしたちは、日々の生活やお仕事のなかで悩みを抱えたり、気持ちが落ち込んでいる方々にとって、思い立った時に気軽に、そして安心して駆け込める場でありたいと思っています。
家族や友人、職場の人にはなかなか話せないようなことでもお聞かせいただき、そばでそっとサポートさせていただきたいと思っています。そしてふたたび希望を取り戻して会社や学校に復帰したり、新しい居場所を探せるようお手伝いをさせていただきます。

「疲れがとれない」「最近眠れない」「朝になるとなぜか職場に足が向かわない」「食欲がない」「食べ過ぎてしまう」「人からどう思われているか気になる」「自分が大切に思えない」「ばかばかしいと思いながら確認してしまう」「忘れっぽくなった」「イライラして人にあたってしまう」などの心配がおありの方はどうぞお気軽にご相談ください。


カレンダー町田クリニックカレンダー

一覧はこちら

2016/07/18
町田稔Dr着任のお知らせ

8月29日(月)~町田稔Drが内科・精神科担当として着任いたします。

癌の診断・フォローアップと動脈硬化を専門としています。

当院では、一般内科、腹部・頸部のエコー検査、および精神科を担当します。

経歴)日本医科大学付属病院と癌研究会附属病院にて初期研修。

国立がん研究センターに長年勤務の後、成増厚生病院にて精神科を研修。

2016/07/18
夏季休暇のお知らせ

2016年の夏季休暇は下記になります。よろしくお願い致します。

8月10日(水): 9時~15時までの短縮診療

8月11日(木・祝)~8月16日(火): 休診

 

2016/05/15
6月上旬の外来時間 一部変更のお知らせ

下記のように外来時間が一部短縮となります。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

6/2(木)と6/3(金)・・・10:30–16:00まで

6/10(金)・・・・・・・・13:00–18:00まで(午前はお休みです。)

2016/05/15
火曜日外来についてのお知らせ

5/31(火)以降、火曜日の外来は岡田医師のみとなります。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承いただけますよう、お願いいたします。

2016/04/17
GWの外来体制についてのお知らせ

2016年GWについて、当院は暦通りに診療及びデイケア運営を行います。

4/29(祝)お休み

4/30(土)9時〜15時 町田医師

5/1(日)お休み

5/2(月)10時〜13時/14時〜18時 町田医師

5/3(祝)〜5/5(祝)お休み

5/6(土)〜通常通り となります。

よろしくお願い致します。

 

一覧はこちら

2016/07/19
妊婦のSSRI(抗うつ薬)使用について

こんにちは。さいたま市南区の心療内科「南浦和駅前 町田クリニック」です。

お薬を服薬することで日常生活や仕事の質が向上している方が、もし妊娠した場合にお薬はどうしたらよいでしょうか?なるべくなら薬をやめるか頓服だけにする、あるいは漢方薬にする、という方法で生活の質を保てればベストです。しかし、減薬するとどうしても抑うつやイライラ、日々のパフォーマンスが低くなってしまうため生活や仕事がなりたたない、という場合に薬を継続するリスクはあるのでしょうか?

2015年にフィンランドと米国で行われた妊娠女性への調査によると、妊娠女性の4-10%がSSRIの処方を受けていたそうです。
SSRI使用には早産・低出征体重児などの妊娠合併症がまれにあることは知られています。ただしSSRIを服用継続した妊婦と中止した妊婦をくらべると、妊娠初期では服薬継続群で帝王切開や早産のリスクが低く、新生児への合併症・先天奇形のリスクも高くなかったそうです。一方で妊娠中期や後期の服用群は、帝王切開のリスクは低かったものの、新生児アプガースコア(赤ちゃんの元気な度合をみるもの)悪化のリスクは高かったそうです。

この結果から、SSRIの服薬継続は、母体のうつ病に伴う新生児の低酸素や早産のリスク増大から保護する効果があると言えそうです。もちろん妊婦さんの病歴を考慮したうえで、個別に慎重に対処する必要があることはいうまでもありませんね。

当院では、妊娠・出産に伴う減薬や漢方薬への切り替えなどのご相談に柔軟に応じています。妊娠・出産は人生の一大事なので「絶対大丈夫」ということはありませんが、少しでもよいマタニティライフをメンタル面においても送れるべく、おひとりおひとりと向き合い努力しています。皆さんどうぞお気軽にご相談くださいね。

2016/05/01
日中の過剰な眠気について

こんにちは。さいたま市南区の心療内科「南浦和駅前 町田クリニック」です。

日中の眠気は誰でも経験があると思いますが、あまりに頻回かつ長時間な昼寝は、日々の仕事・勉強・生活を大きく損なってしまいますね。今日は、健康な睡眠習慣を築く上で今すぐ行えることをみてみましょう。

①毎日定刻に床につく 
 忙しい毎日を送る人達には意外に難しいですが、睡眠時間の確保のためには最も重要なことです。通常大人は7-9時間程度、ティーネージャーは9時間の睡眠が必要と言われています。

②起床時間を一定にする
 定刻に入床するのが難しければ、せめて起床時間を一定にしましょう。それを数週間から数ヶ月続けることができるだけでも概日リズム(体内時計)を正常化できます。概日リズムの乱れは、睡眠だけでなく特に双極性障害のコントロールや心血管系にも深刻な悪影響を及ぼします。

③ベッドは寝ることだけに使う
 ベッドでスマホをみる、PCを広げる、TVをみる、ゲームをする、インテンシブな読書をする、などは快適な眠りを妨げる要因になります。これらの活動は勉強机、居間などで行うようにしましょう。

④健康的な食事を決まった時刻にとる。
 食事時間もまた、入床時刻/起床時刻とともに概日リズムを作る大切な要素です。

⑤日々のタスクを整理する。
 もし必要な睡眠時間を確保できないのであれば、スケジュールを見直しましょう。入床時刻を遅らせる原因になっている活動の中で、本当に重要ではないことがありませんか?思い切ってその時間を睡眠にあてましょう。

⑥毎日運動する。
 1日に20-30分の、できれば有酸素運動を行うことにより、より快適な睡眠が得られます。屋外の運動により1日30分日光を浴びることで、さらに睡眠への良い影響が得られます。

⑦入眠前のアルコールを避けましょう
 アルコールは入眠を早めますが中途覚醒しやすくなり、さらに深い眠りを妨げるため熟眠感を得にくくなります。

以上のような睡眠習慣を見直してもまだ問題が残る場合には、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、特発性過眠症などの睡眠障害や、気分障害などの他の精神障害に関連する場合がありますので、専門家に相談しましょう。

当院では睡眠表を用いた睡眠リズムの調整や、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療を行っており、検査は自宅に検査キットを送ってもらい気軽に行うことができます。睡眠のお悩みがある方はどうぞご相談くださいね。

2016/01/30
無茶食い障害について

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックです。
今日は「むちゃ食い障害」についてお伝えします。

むちゃ食い障害とは、単なる食べ過ぎとは違います。また「神経性大食症」・「過食症」などと言われる障害とも区別されます。

単なる食べ過ぎの場合には日々の食事や会食の場面でも起こり、「食べることをコントロールできない」と感じるコントロール不能の感覚はむちゃ食い障害よりもだいぶ低いのですが、むちゃ食い障害においては、食べることに関してのコントロール不能感が圧倒的に高く、通常よりも非常に速いスピードで大量の食べ物を切迫感をもって摂取してしまいます。そしてそのあとに非常に強い不快感や自己嫌悪感、恥や罪の意識、抑うつ・不安感が起こります。

一方で「過食症」の場合には、抑うう・不安感が伴うのはむちゃ食い障害と同じなのですが、下剤乱用・事故誘発性おう吐などの代償性行為を伴います。

むちゃ食い障害とはけしてまれな病気ではなく、「意志が弱いだけ」とも異なります。実際にはもっと多いとされますがわかっているだけでも女性の3.5%、男性の2%に存在するといわれ、これは過食症の2倍の数にあたります。

むちゃ食い障害を未治療のままにしておくと高率に肥満・成人病、他の精神的障害を併発するため、放置することは危険です。「こんなことは人に言えない恥ずかしいことだ」という思いや「自分は食欲を抑制できない意思の弱い人間だ」というあやまった思いから相談できずにいることが、事態を悪化させてしまいます。

心当たりのある方は、心理療法や薬物療法で効果があるものもありますので、どうぞお気軽に南浦和駅前 町田クリニックまでご相談くださいね。今後もスタッフ一同、全力でみなさまの精神的健康をバックアップさせていただく所存です。

2015/12/06
光療法は非季節性うつ病にも効果的

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックです。

今日は「光療法」についてのトピックです。

最近発表されたRCTというエビデンスレベルの高い大規模試験によって、高照度の光療法と抗うつ剤の組み合わせ治療は、非季節性のうつ病を有意に改善させることがわかったそうです。これまで季節性うつ病に光照射が有効であることは言われてきましたが、今回は非季節性うつ病にも有効であるという初めてのエビデンスを伴った報告です。

さらに軽症の患者さんにおいては、光療法単一療法と、抗うつ剤単一療法とを比較すると、光療法単一の方が効果があるとか。中等度以上の場合には、よく知られた抗うつ剤+精神療法という方法以外にも、光療法+抗うつ剤光療法+精神療法という組み合わせが考えられます。北欧には光療法ができるカフェというのもあるらしいですが、なかなか興味深いですね。

明るい光をたっぷりあびることは、睡眠覚醒リズムを整えますし、気分とやる気のアップにとても有効ですので、当院通院中の方々には、早起きや散歩を推奨させていただいています。

メンタルのお悩みがありましたら、どうぞお気軽に 南浦和駅前 町田クリニックまでご相談くださいね。これからもスタッフ一同、全力でみなさまの精神的健康をバックアップさせていただく所存です。

2015/11/03
脳の炎症に関する新たな知見

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックです。

今日の話題は「脳の炎症」です。

2015年10月のAmerican Journal of Psychiatryという雑誌の論文によると、統合失調症の方および統合失調症のハイリスク群の方々の脳の免疫担当細胞が、一般の方に比べて活発な状態にあることが判明したそうです。

これは新たな知見で、アルツハイマー病やうつ病と同じく、統合失調症が顕在発症する前の段階から炎症に関係していることを示唆しています。本格的に発症する前の段階から予防的に治療を行うことがもし可能になれば、患者さんの予後が劇的に改善され、より豊かな人生を送ることが可能になるでしょう。

統合失調症に限らず、心療内科や精神科領域の病気は、「早期発見」「早期治療」が予後を大きく改善することがわかっています。

季節の変わり目に、ちょっとしたメンタルの異変を感じることがありましたら、どうぞお気軽に   南浦和駅前 町田クリニックまでご相談くださいね。スタッフ一同、全力でみなさまの精神的健康をバックアップさせていただく所存です。

 

2014/06/18
ホームページを公開いたしました。
初診の方

当院は予約制となっております。予約は電話で受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

詳細はこちら

診療案内・医師紹介

よる眠れない・漠然とした不安がある・なんとなく気分が落ち込む等。ご心配があるときはお一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

詳細はこちら

Q&A

よくいただくご質問をまとめました。初めての方はこちらもご覧ください。

詳細はこちら

診療時間・アクセス

京浜東北線・武蔵野線 南浦和駅西口から1分・西口交番うらスーパーコモディイイダの上。

詳細はこちら

女性特有のお悩みもご遠慮なくお話ください。


◆初診の方はこちら

◆再診の方はこちら

番号予約システムのお知らせ

パソコン・携帯・スマートフォンから診察の順番予約ができます。

診察時間

【月・火・水・木・金】AM :10:00~13:00 PM :14:00~18:00
【土】10:00~15:00 【休診日】日曜日・祝日

操作の手順


  • 予約

  • 待ち状況
① カレンダーで予約したい日をクリック。
② 右横の表で、予約したい時間帯をクリック。
③ 診察券の番号と生年月日の下4 桁(パスワード)を入力。
例:生年月日が1 月1 日ならパスワードは「0101」です。
④ メールアドレスを入力後、確定ボタンを押します。
⑤ 予約完了!登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
ご予約・待ち状況確認はこちら