ブログ

リワークフォローアップ

こんにちは。南浦和駅前町田クリニックのリワーク報告です。

リワークフォローアップは、これから復職される方の疑問や不安に対して、既に復職された方がアドバイスをしたり、復職された方が現在のコンディションや働き方を確認したり、みんなで意見を出し合ってフォローしていく時間です。

心身の具合が悪くなったとき、休職か退職か、または別の選択肢か… それぞれの経験を語り合いました。

退職しようと思ったけれど、医師に「うつ状態にあるときは大事な選択はしない方が良い」と言われ休職した。休職中に次の目標が見つかって、同じ会社に復職しようと思えた。今の会社と仕事が好きなので、退職は考えずに休職した。条件や金銭面が良いので退職せず休職にした。全力を出し切らずに、ほどよい力加減を調節しているので休職には至っていない。

などなど、休職の原因や職場環境、雇用形態、仕事内容などによって、人それぞれ選択が異なることを知りました。

また、復帰する際に、休職に至った経緯や病状を誰にどこまで伝えるか… 多くの方が迷う永遠のテーマについても話し合いました。

産業医、人事部、部長や課長など上司はすべて知っている。職場によりますが、環境整備や仕事内容などの調整のために、上司に伝えておくことは必要でしょう。さて、それ以外の人にはどこまで伝えるのか…

同僚やチームメンバーに言った方がいいのだろうか?
自分は言ってしまうと楽になるけど、言ってしまった言葉は戻せない、病名に偏見や誤解があるかもしれない。病名は言わずにできること、できないこと(助けてもらいたいこと)を伝えておく、体調の波があることは伝えておく。自分が頑張り過ぎていたらブレーキをかけたり、いつもと違っていたら教えてもらうと再発予防になる。誰にどこまで言うかは上司に相談してみる。

などなど、結論を急がずに、様子を見ながら伝える範囲を探っていくとよさそうです。

今日の皆さんからの感想は、自分と異なる状況や背景を皆さんお持ちなので、色々な意見が聞けて面白かった。病状を言うか言わないかは、いくら話しても新しい意見がある。現実に即したテーマで自分に応用できそうだった。キャリアが豊富で客観的な視点を頂けて参考になった。自分の考えをシェアすることで、考えを広げることができた。

今日は、職種も職場環境も異なる参加者から、本当にたくさんの意見が出ました。自分のキャリアだけでは思いつかないような考えや新しい視点も得られました。

日頃、疑問に思っていることや不安を、ぜひ他の方に聞いてみませんか? ご参加お待ちしています。