ブログ

心の境界線を阻むブロックはどこから?

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

今月の<自己洞察ワーク>では、「バウンダリー}=ココロの境界線 に取り組んでいますが、本日は「的確な境界線を引くことを阻むブロックはいったいどこからやってくるのだろう?」をテーマに検討していきました。

過去の自分を振り返ってみて、どんなココロのサバイバル術を駆使して切り抜けてきたのか、そして「今」、当時と同じサバイバル術を使い続ける必要性が本当にあるのか? 「今」の事実・現実を客観的に見つめてみることによって、無意識にかけているブロックに気付き、溶かしていく作業をしてみました。

あの時 … すごいすごい頑張っていたんだな、自分! その頑張りに気付き、純粋に抱きしめていけばいく程、無意識な呪縛から客観的に距離をとっていけるのは不思議です。

思わず噴き出した「育った環境について」の深いシェア、それも複数の方々から。実は、この回では毎度の光景です。

無抵抗な状態で強いられている中で使ってきたココロのサバイバル術。大事な大事な「よすが」だったのですよね。

「今はそれを使わなくても大丈夫。もう、大丈夫。」

よーーーーーーーーーーーーーーーく考えみると・・・・ 「あ。」「あれ?」

フィルター(ブロック)がポロリと外れ出す、その一瞬が 宝 です。

 

午後の<ソーシャルスキルアップマラソン>は、リクエストにお応えして、

「 どうしよう・・・勧誘(営業)を断れない(泣) 」

を検討していきました。

ソーシャルスキルの3つのレベル、それぞれのスキルに触れることができましたね!

今日もまた、前回に引き続き午前中のバウンダリーの実践的な復習になるような話も出てきて、

「ほんとだ~」「こんなに違うんだ~」と実感されていたご様子でした。何よりです☆

 

マラソンやドリルのように、スキルに「触れ慣れる」 → 「身についていく」の小一時間。

触れ慣れないから、知らないから、苦手 …  苦手だから、自分に自信がない …  そんなスパイラルはもったいないですよね。

みんなで笑いながら午後を過ごしていきました。

 

次回(9/29)、特にリクエストが出てこなければ

「頼まれると断れず、自分の仕事が終わらない」 を爆笑と共にエクササイズです☆