ブログ

実は不確かな感情のモト

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニック リワークのご報告です。

本日の<認知行動療法>では、感情回避と感情駆動行動について取り組みました。

なにか不安や嫌な気持ちがあった時、
それをなくそう、何とかしようと思わずとっている行動が
目先の「ほっ」にはなってはいても、長い目で見ると、
それがストレスを維持・状況を更に悪化させている要因になってしまっていたりすることって
実はとても多いのですね。

・感情回避と強化のために「自分の気持ちが分からない」になっていたことに気付けた
・今まで回避行動をし過ぎていたから、かえって辛くなっていた事を客観的に気付けた
・休職前の状態に照らし合わせて「まさにコレ」と振り返ることができた
・自分の頑張るは、恐怖から来てただけだったことに気付けた
・感情回避から自分を「演じていた」ことに気付けた

などなど、本当にたくさんの気付きがあったご様子でした。

ああ、これって … !!
気付いちゃった時には本当にびっくりしてしまいますよね。

実はネガティブな感情って火災報知器みたい。

無理矢理止めようとしなくても、
コレって報知器モードかも?と、まずは気付くことからトライしてみましょうね。