ブログ

土曜講座 ストレスに負けない!ストレスコーピング

こんにちは。南浦和駅前町田クリニックのリワーク報告です。

今回の「土曜講座」はストレスについてでした。

ストレスが溜まった、ストレスで胃が痛い、ストレス解消したいなど、私たちはストレスという言葉をよく使いますが、ストレスとは一体何でしょうか?

まずはストレスと呼ばれているストレッサー(個人にとって負担となる出来事)とストレス反応(心身への反応)について学びました。

ストレスに負けないためには、早めにストレスに気づいて対処することが大切です。

「気づく」ためには、体調や気分を記録して自分の状態を把握します。

「対処」はコーピングリストを作って、ストレスを軽減します。

コーピングリストは、自分がリラックスできることをどんどん書き出します。項目を増やすコツは低コスト、細分化、具体的に書くことです。

みなさんからたくさんのアイディアが出ました。

コーヒーを飲む、音楽を聴く、動画を見る、ハーゲンダッツアイスを食べる…など

「ほ~」と思ったのは、

宝くじが当たったら何をするか妄想する

好きなキャラクターになって今の状況をどうするか考える…などなど

ストレス状況下ではグルグル思考や、~べき思考に囚われていることが多いので、アニメのキャラクターや、漫才の相方、社長、アイドル、偉人などになり切って、楽しみながら他者の目線で客観視できるとよいでしょう。考えること(認知的コーピング)は基本タダで気分を変えられるのでお勧めです。

職場でトイレに行く、水を飲む、目薬をさす、深呼吸をする、空を見るなど、すぐにできて気分転換に役立つコーピングはぜひ用意しておきたいです。

みなさんからは、

・普段何気なくしていることがコーピングに当てはまると気づいた

・事前にコーピングリストがあると気持ちが軽くなるだろうと感じた

・これからしたいことや好きなものをイメージすることもコーピングになると知った

・他の方のコーピングも参考になった

・ストレスは生存のために必要だとわかった

などの感想がありました。

「土曜講座」は、毎月第1土曜日です。認知行動療法を中心に、日常生活や職場で役立つテーマを取り入れていきます。

初めての方、平日リワークの復習をしたい方、復職して久しぶりに思い出したい方、仕事で土曜日しか来られない方、どなたも対象です。ぜひご参加ください。