ブログ

CBT*みんな唸った!「ストレスあるある」

こんにちは。南浦和駅前 町田クリニックのリワークのご報告です。
火曜日の<認知行動療法>、6月7月と丁寧に取り組んできた<考え方のクセ>などを踏まえて、今日は実践的に「ストレスあるある」を検討しました。

軽~いところでチャチャっと5・6件できるかな?と恒例の多めの見積もりが、これまた恒例ではありますが、1つのケースをぐっと集中して検討する運びとなりました。

たった1つの事なのに、気付けるチャンネルは本当にいろいろありましたね!1つの事柄=1つの思考の広げ方では決してないことを体得できたのでは、と思います。

今日はたまたまですが、提供してくださったケースがまた「あるある」の上をいく「 実にあるある 」 で。。。

ほぼほぼ全員が大なり小なり同じような経験をされていたかと思います。

プログラムが終わった後、昼休み、休み時間、帰りがけ … 今日は個人的にたくさんのお声をいただきました。

「 自分のことかと思った。」  「 全く同じこと(考え方のクセ)をやっていました。」

「(過去を)見られてたのかとドキっとした。」「 リアルに当時を思い出してしまった 。」

「 あの時の自分に聞かせてあげたかった。」etc.、

ある程度これらのあるある反応の想定はしていたものの、プログラム真っ最中からの皆さんの表情を見渡しつつ、その度合いが鮮やかに想定の上をいったな、と確信した筆者でした。

今日は皆さんの姿を見ていて、こうやって皆さんの中で知識が知恵に醸造されていくんだなぁ … とも感じました。

午後は、第1週目恒例<アロマテラピー>でした。

自分の感覚を信頼することって、とても大切! 自分ならではの精妙な感覚にジャッジせず一番寄り添ってあげられるのは誰でもない自分自身。そしてそこから大きな自己信頼と力が育っていくこともあるんですね☆

午後、印象に残った言葉は「市販されているものは好きになれなかったんだけど、これはイケる。」

自分自身の感覚と繋がって、自分でブレンドしているからなんですよね☆

与えらえたものではないからです(^-^)

自宅で20種類以上のエッセンシャルオイルを揃えるのは大変!

今日も「今ここ」の自分の助けとなる香りスイッチをルームスプレーとしてお土産にお持ち帰りいただきました。

” 8月のアロマ ” 全員集合\(^o^)/